クリスマスの猫

クリスマスの猫クリスマスの猫
ロバート・ウェストール
ジョン・ロレンス 絵
坂崎麻子 訳
徳間書店
★★★★


読後に思わず笑みがこぼれてしまう幸せな物語。ウェストールからクリスマスプレゼントをもらったような気持ちで読了しました。


主人公キャロラインは牧師である伯父のところでクリスマス休暇を過ごすためにやってきました。
珍しく主人公は上流階級の少女です。そこで出会うのがワーキングクラスの少年ボビー。
二人の友情を柱にしながら、イギリスの階級格差が浮き彫りになります。
キャロラインが伯父さんの牧師館に初めて到着したとき、その門構えを見て驚きます。
黒れんがのすごく高い塀。てっぺんにはぎざぎざのガラスが埋め込んである。
この塀はボビーの世界とキャロラインの世界とを隔てる階級差の壁のように感じました。
階級差なんて子どもには関係ないだろうに、大人の作り出した社会の中に生まれたときからしっかりと縛り付けられていて、
価値観さえも決められてしまっているのだ、と思うとやっぱり暗澹とした気持ちになるのです。
そして、この塀の中と外。
キャロラインがいる中のほうが暗く寒々としていて、ボビーが暮らす外のほうが明るくほかほかなのも皮肉な話。


キャロラインもボビーもいかにもその階級らしい生活が板についているし、相手が自分とは違うことも承知しています。
普通ならここで友情が生まれるわけない、と思うのですが、二人はあっというまに仲良くなります。
二人とも心がやわらかいのです。そして、共通の敵がいたし、共通の目的を持ったからです。
敵は伯父さんの家政婦のミセス・ブリンドリー。
労働者階級の人間でありながら、上流の側のような顔をして、誰に対しても意地悪で、ずるくて欲が深いのです。
キャロラインもボビーも彼女が大嫌いです。
そして、共通の目的は、野良猫。もうすぐ生まれる猫の赤ちゃんを守ること。
ミセス・ブリンドリーにみつかったら水に沈めて殺されてしまうから。
これはキャロラインの願いだったのですが、ボビーも頼まれて協力することになるのです。
二人の役割分担(?)も楽しくわくわくします。
自由に動けないキャロラインと、どこにでも自由自在に動き回るボビー。
キャロラインでなければ入れない場所とボビーでなければ入れない場所。
強力なミセス・ブリンドリーを二人掛かりで出し抜きます。姿の見える敵と見えない敵になって。
二人の立場の違いを浮き彫りにしながら、それを逆手にとってすてきなことをやってくれる子どもたちに思わず微笑んでしまいます。
そして、そして・・・


結末はとびきりすてきなクリスマス。です。暖かい部屋で、大好きな人たちに囲まれて食べる、特別のごちそうのような。
やっぱりクリスマスには奇跡が起こるのですね。
それもこの奇跡は、起こるべくして、人の気持ちから気持ちへ、手から手へ渡されて、みんなで起こした奇跡だったのです。
階級、階級、と書きましたが、この二人は階級の枠組みをあっさりと越えてくれました。
この二人の関係が、ウェストールの願い、と思います。どっちがどっちでもいいのです。そしていつか塀がなくなればいいのです。
ボビーはウェストール自身のよう。


キャロラインの元気さも素敵です。
このキャロラインはそのままに年をとり、元気なおばあちゃんになります。
この物語はおばちゃんが孫娘に語るおばあちゃんのまだ少女だった頃の物語なのです。
「ねえ、あたしの孫娘。」という呼びかけから語られるのがこの物語です。
それから、そうそう、松ぼっくりが、うふふ、なんだかとってもすてきなものに思えてきました。