『象は忘れない』 アガサ・クリスティー

象は忘れない (ハヤカワ文庫) [ アガサ・クリスティ ]価格: 858 円楽天で詳細を見る 探偵作家アリアドニ・オリヴァは、さる昼食会で、初対面の婦人に大変失礼なことを頼まれる。ミセス・オリヴァの名づけ子シリアに訊いてほしい、というのだ。「あの娘の母…

『天使はポケットに何も持っていない』 ダン・ファンテ

天使はポケットに何も持っていない (Modern&Classic) 作者:ダン・ファンテ 発売日: 2004/07/21 メディア: 単行本 「俺」ことブルーノ・ダンテが、重症のアルコール依存とそのあげくの自殺未遂で入院するのは、これで三度目だ。だけど、(「俺」のことが大嫌…

『次の夜明けに』 徐嘉澤

次の夜明けに (現代台湾文学選1) 作者:徐嘉澤 発売日: 2020/09/19 メディア: 単行本 台湾南部の町の、ある一家(林家)三代の物語である。主に父たちと息子たちの物語だ。 父に息子は反発する。 反発するのは、両者があまりに似すぎているからなのだ。 父と…

『檸檬』 梶井基次郎

檸檬 (角川文庫) 作者:梶井 基次郎 発売日: 2013/06/25 メディア: Kindle版 「えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終おさえつけていた」という、ざわざわするような一文から始まるのが、表題作『檸檬』 『檸檬』だけではなく、収められた14篇のどれにも、…

『兵士たちの肉体』 パオロ・ジョルダーノ

兵士たちの肉体 作者:パオロ ジョルダーノ 発売日: 2013/10/10 メディア: 単行本 2001年、タリバーン掃討作戦のさ中のアフガニスタン南部の前哨基地フォブ・アイスに、国際支援部隊として派遣されたイタリア陸軍。物語は、軍医エジット中尉と、新しく派兵さ…

『五匹の子豚』 アガサ・クリスティー

五匹の子豚 (ハヤカワ文庫) [ アガサ・クリスティ ]価格: 946 円楽天で詳細を見る ポアロのもとを訪れた依頼人カーラ・ルマルションは、16年前の殺人事件について調べ直してほしい、というのだ。カーラは、幼い頃に両親を亡くし、伯父伯母に大切にされて育…

『トラといっしょに』 ダイアン・ホフマイアー(文)ジェシー・ホジスン(絵)

トラといっしょに (児童書) 作者:ダイアン・ホフマイアー 発売日: 2020/08/07 メディア: 単行本 美術館で出会った絵の中のトラと、トムは、じっとみつめあった。それから、トムは家に帰って、トラの絵を描いた。夜になったら、トラは、眠っているトムのとこ…

『すばらしい新世界』 オルダス・ハクスリー

すばらしい新世界 (光文社古典新訳文庫) 作者:オルダス ハクスリー 発売日: 2013/06/12 メディア: 文庫 きっと、喜々として移住したくなるような快適な世界が広がっているのだろう。それが、読み進めるにつれてだんだん雲行きが怪しくなるのだろう。そう思い…

『樹木たちの知られざる生活:森林管理官が聴いた森の声』 ペーター・ヴォールレーベン

樹木たちの知られざる生活: 森林管理官が聴いた森の声 作者:ペーター・ヴォールレーベン 発売日: 2017/05/24 メディア: 単行本(ソフトカバー) 植物と自分たち人間とは、そのありようが、あまりにも違いすぎて、こちらに引き寄せて理解しようなんてことは、…

『分かれ道ノストラダムス』 深緑野分

分かれ道ノストラダムス 作者:深緑 野分 発売日: 2016/09/21 メディア: 単行本 高校一年生の日高あさぎは、二年前に亡くなった同級生、基の遺族から「持っていてほしい」と基のノート(日記?)を委ねられる。あさぎは、喧嘩したまま亡くなってしまった基の…

『白昼の悪魔』 アガサ・クリスティー

白昼の悪魔 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者:アガサ クリスティー 発売日: 2003/10/01 メディア: 文庫 なんて凝ったミステリなんだろう。真相にたどり着ける読者っているかしら。おもしろかった。舞台は、美しいホテルが一軒しかない本当に小さな島。…

『郷愁のモロッコ』 エスタ・フロイド

郷愁のモロッコ 作者:エスタ フロイド メディア: 単行本 ヒッピーの母親が幼い娘二人を連れてヒッチハイクでイギリスからモロッコへやってきて、おもにマラケシュを中心に生活する。生活費は(ときどき滞りながらも)送られてくるので、ぶらぶらと暮らしてい…

『木はえらい―イギリス子ども詩集 』 谷川俊太郎/川崎洋(編訳)

木はえらい―イギリス子ども詩集 (岩波少年文庫) 発売日: 2000/11/17 メディア: 単行本 アラン・アルバーグ、マイケル・ローゼン、ブライアン・パテン、キット・ライト、スパイク・ミリガン、ロジャー・マッガウ。六人の詩人たちは、1970年ごろに現れた「新し…

『この本を盗む者は』 深緑野分

この本を盗む者は【電子特典付き】 (角川書店単行本) 作者:深緑 野分 発売日: 2020/10/08 メディア: Kindle版 本好きにもいろいろある。たとえば、御倉深冬の曽祖父、御倉嘉市のように、本を愛し、本からも愛される人がいる。それだけではなく、彼は、本と相…

『杉の柩』 アガサ・クリスティー

杉の柩 (ハヤカワ文庫) [ アガサ・クリスティ ]価格: 946 円楽天で詳細を見る 「エリノア・キャサリーン・カーライル、あなたは、去る七月二十七日に起こったメアリイ・ジェラード殺害容疑にによって起訴されています。あなたは有罪を認めますか、無罪を申…

『バージェス家の出来事』 エリザベス・ストラウト

バージェス家の出来事 作者:エリザベス ストラウト 発売日: 2014/08/19 メディア: Kindle版 プロローグでは、ある年配の母娘が噂話をしている。メイン州のシャーリー・フォールズのバージェス家の三兄妹についての。長男ジムは、敏腕弁護士で、メイン州を出…

『マノン・レスコー』 アントワーヌ=フランソワ・プレヴォ

マノン・レスコー (光文社古典新訳文庫) 作者:プレヴォ,アントワーヌ・フランソワ 発売日: 2017/12/07 メディア: 文庫 貴族の次男坊シュヴァリエは、17歳のときに、運命の女マノン・レスコーに出会い、恋に落ちる。その後、彼には、転落の人生が待っている。…

『団地のコトリ』 八束澄子

団地のコトリ (teens’best selections 54) 作者:八束 澄子 発売日: 2020/08/05 メディア: 単行本 美月は、団地で、保育士の母と二人暮らしだ。中学三年生になり、部活のバレーボールで、はじめてセッターとしてレギュラーに選ばれた。バレー漬けの毎日、練習…

10月の読書

10月の読書メーター読んだ本の数:22読んだページ数:6644ハロウィーン・パーティー (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)の感想クリスティー六冊目。作者の手の上で右往左往するのも楽しいが、何よりも、この本の楽しみはハロウィーン。賑やかなハロウィーン・…

『ハロウィーン・パーティー』 アガサ・クリスティー

ハロウィーン・パーティー (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者:アガサ・クリスティー 発売日: 2003/11/11 メディア: 文庫 ハロウィーンパーティーで、13歳の少女が、殺人の現場を目撃したことがある、と言い出した。人の気を惹くために大げさな話をでっち…

『小さな王さまとかっこわるい竜』 なかがわちひろ

小さな王さまとかっこわるい竜 (おはなしルネッサンス) 作者:なかがわ ちひろ 発売日: 2010/06/01 メディア: 単行本 「あるところに一年じゅう、朝も昼も夜も、雨のやまない国がありました。」生まれたときから星空というものを見た事のないこの国には、くる…

『旅の冒険ーマルセル・ブリヨン短篇集』 マルセル・ブリヨン

旅の冒険―マルセル・ブリヨン短篇集 作者:マルセル ブリヨン 発売日: 2011/05/01 メディア: 単行本 五つの短編の主人公たちは、誰もかれも居所も身分もはっきりしない。名前もない旅人たちだ。彼らの旅はいったいなんなのだろう。手の込んだ案内によって導か…

『リンドグレーンの戦争日記』 アストリッド・リンドグレーン

リンドグレーンの戦争日記 1939-1945 作者:アストリッド・リンドグレーン 発売日: 2017/11/18 メディア: 単行本 1939年9月1日。「ああ! 今日、戦争が始まった」から、この日記は始まる。そして、六年後、1945年まで律儀に続く。だれかに読んでほしくて書い…

『世界のまんなかの島 -わたしのオラーニ-』 クレア・A・二ヴォラ

世界のまんなかの島 ~わたしのオラーニ~ 作者:クレア・A・ニヴォラ 発売日: 2015/03/13 メディア: 大型本 アメリカから大西洋を越えて、イタリアへ。イタリア本土から、夜、船に乗ると、夜明けにはサルデーニャ島に着く。港から車に乗る。いったいいつになっ…

『結ばれたロープ』 ロジェ・フリゾン=ロッシュ

結ばれたロープ 作者:ロジェ・フリゾン=ロッシュ 発売日: 2020/02/19 メディア: 単行本 『結ばれたロープ』は、1941年に発表された小説だということだけれど、年代を感じない。古さも新しさもない。それは、舞台が、人を寄せ付けまいとする険しい山であり、…

『ナイルに死す』 アガタ・クリスティー

ナイルに死す (クリスティー文庫) 作者:アガサ・クリスティー,加島 祥造 発売日: 2012/08/01 メディア: Kindle版 巻頭の「訳者からのおねがい」に、「はじめは少しゆっくり読んでください。登場人物表を参考にして、各人物の様子を頭に入れ……」と書かれてい…

『ソフィーの世界』 ヨースタイン・ゴルデル

ソフィーの世界 哲学者からの不思議な手紙 作者:ヨースタイン ゴルデル 発売日: 1995/06/01 メディア: 単行本 もうすぐ15歳の誕生日を迎えるソフィーのもとに、ある日、差出人不明の封書が届く。中身は、ひとこと「あなたはだれ?」不思議な言葉に戸惑ってい…

『ヘディングはおもに頭で』 西崎憲

ヘディングはおもに頭で 作者:西崎 憲 発売日: 2020/10/01 メディア: 単行本 松永おん。浪人二年めだが、勉強に身が入らない。アルバイトをしているが、仕事は好きではない。 彼がフットサルに惹かれ、スクールに通い始めたのは、ある美しいプレイを見たこと…

『ABC殺人事件』 アガサ・クリスティー

ABC殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者:アガサ・クリスティー 発売日: 2003/11/11 メディア: 文庫 ポアロのもとに手紙が届く。今までの彼の成功を揶揄したあげくに、止められるものなら止めてみよ、とばかりの殺人の予告。これは挑戦状だ。そし…

『幸福について』 アルトゥール・ショーペンハウアー

幸福について (光文社古典新訳文庫) 作者:ショーペンハウアー,アルトゥール 発売日: 2018/01/11 メディア: 文庫 巻末の「解説」に助けてもらいながら、読む。始まりは、幸福になることが人生の目標ではない、ということ。「人生とは、楽しむべきものではなく…